災害に備えて安心の太陽光発電

災害に備えて安心の太陽光発電

当サイト「災害に備えて安心の太陽光発電」では様々な太陽光発電情報を公開しています。
これから太陽光発電の導入をご検討されている方必見の情報サイトです。実は太陽光発電というのは節電や停電対策だけではなく、売電をすることで利益を出すことも出来るのです。
つまり上手に電気を節約することで、早いうちに初期費用の元が取れ、後は全て利益となるワケです。

 

世界中で注目されている太陽光発電は、そのクリーンさと気軽さから一般的に続々と設置をしています。
是非貴方のご自宅にも太陽光発電を設置して、安全な電気のある生活を実現してみてください。

 

もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。





災害に備えて安心の太陽光発電ブログ:22-10-04
きのう、妻とむすめを連れて
私は札幌へ行った。

12時間、妻は用事があるため、
私はむすめといろんなところに遊びに行った。

お買い物に行ったあと、
私自身がどうしても行きたかった展覧会に
むすめを連れて行く事にした。

それは、画家のモディリアーニと妻ジャンヌの悲劇を
二人が描いた絵とともに紹介する展覧会だった。

モディリアーニはようやく絵が認められはじめた時に、
若くして病に倒れ、帰らぬ人となってしまうが、
妻のジャンヌはその2日後に自ら命を投げ出してしまう…

そのジャンヌが、亡くなる直前に描いた、悲しいまでの数枚の絵。

この展覧会の話を知った時、
なぜか私はジャンヌの最後の絵が
どうしても見たくなり、迷ったあげく、
この日足を運ぶことになったのだ。

むすめは幸いなことに、会場に入っても、
ごにょごにょ囁いてくるだけで、静かにしていてくれた。

私は足早に、二人の生い立ち、
出会いから順に並べられた絵と解説を見て回り、
ついに、そのジャンヌが描いた最後の絵までたどり着いた。

しかし、よく見る間もなく、
そこでむすめが大声を出して泣き出したのである。

ああ、飽きちゃったんだなぁ…と思い、
一端、出口付近まででて、
むすめをなだめ、ご機嫌になったところで、
もう一度、展示室まで戻った。

でも、やっぱり最後の絵の前までくると、
むすめは大泣きするのである。

3回繰り返したが、同じなので、
私は、絵を見るのをあきらめて外へでた。

こんなに惹かれてきたのに、
わざわざ何のためにここまできたのだろう…と
私はがっくりと肩を落として会場を後にした。

札幌から帰ってきて、
我が家でむすめと遊んでいる今、ふと、
私はその時のことが思い出されてきた。


災害に備えて安心の太陽光発電 モバイルはこちら